総務のお仕事お助け情報局

人気の京セラコピー機、トナーに関してのお役立ち情報

知識があれば慌てない「トナー交換」

総務のお仕事のイメージとしては、専門的なことに特化しているというよりは、様々なことを行っているので、あまり良くわからないといったことを良く聞きます。しかし、急に総務のような仕事をまかれる時もあります。そんな時。仮にもしあなたが急に総務部に移動になった際には、いつも利用している複合機でしたが、次からは管理をしなくてはいけなくなってしまいます。今までは、ただ使う側として利用していたかもしれませんが、管理する側になった時には、紙詰まりやトナー交換を依頼されるようになります。 営業の方から急に「印刷できなくなってしまった」「トナー交換の表示が出ている」と言われてしまったら、知識や経験がなければ焦ってしまうかもしれませんが、トナーの交換は落ち着いて交換すれば思った以上に難しくはありません。 特に複合機の前で営業さんがまだかまだかと待っていた時は、本当に焦ってしまうものです。しかし、慌ててもよいことはなく落ち着いて、やるべきことをやること、これが一番スムーズに交換できる秘訣かもしれません。


各メーカーや品番によって変わってくる!

各メーカーの複合機、トナーによって、カタチや取り付け方は異なっているのをご存知ですか?予めに会社の複合機はどのメーカーなのかな、と確認してみるのが良いでしょう!シャープや、リコー、ゼロックス...と他にも多くのメーカーがありますので、会社に設置してあるものがどのメーカーなのか、確認してみてくださいね。
もちろん、トナーひとつとっても各メーカーによって全く違います。 リコーのトナー、京セラのトナー、ゼロックスのトナーなどなどメーカー毎の専用トナーがあります。総務や事務担当になった際には、必ず、メーカー、品番は確認しておきましょう。


トナー交換の不安も解消!

一番気が楽なのは、複合機の保守契約が結ばれている事。 急なトラブルにも、プロのメンテナンスの方が対応してくれるというだけで、とても安心ですよね。 万が一の自体にも、保守契約をしていることでメンテナンスしてくれることはとても心強いです! 本当は修理が必要かもしれない、そんな際にはプロの方に見て頂けば、スピーディーに対応してもらえるところも安心ですね。総務のお仕事のポイントは臨機応変に動く必要があるので、様々なことを知っておくことが必要です。みなさんの、わからなくて困ったを「やったー!」に変えられるような情報をここではお伝えしていきたいと思います。みなさんで会社を良くしていきましょう。